心が潤う中山道・木曽路

 サイクリング轍  2010年〜2012年  2005年〜2009年   国内遠出・三陸海岸  ドナウ源流〜ウィーン  チェジュ島周遊  ペガサス・ラン  
 日本の海や島   日本庭園  彩花盆栽    topics イチオシの写真 ひとりごと 絆・癒しの旅行  メールコメント     TOP

 心が潤う中山道・木曽路  GoogIe MAPs 

2008-06-28
 
 ▲
道の駅「大桑」

国道19号線沿いにある道の駅。檜製品が豊富に揃い、箸、すし桶、まな板などが購入できる。
みやげには特産品のますのうの花漬けが人気。レストランでは信州和牛や川魚が味わえる。

 

 妻籠宿

旧中山道の宿場町、妻籠から馬籠峠を経て馬籠に至る木曽路の7kmのルートは、
家族連れでも歩ける手頃なハイキングコースとして人気があります。
観光地としても有名な2つの宿場町を結ぶルートは、江戸時代からの日本的情緒をたっぷり残していて、
最近は外国人旅行者にも広く知られています。
その魅力は、単に「旧街道を歩く」というだけでなく、
木曽の林の中を歩くことと、ちょうどいい高低差のある「峠越え」のコースだというところにもあります。


 妻籠宿本陣

宿駅が制定されると妻籠宿本陣には島崎氏が任命され、明治に至まで本陣、
庄屋を兼ね勤めました。島崎藤村の母の生家で、次兄広助が養子に来ています。
平成7年4月に復元されました。


 ▲
馬籠宿・男滝・女滝

旧中山道の中でも有名な妻籠と馬篭、その両宿場町のちょうど真ん中辺に、
男滝・女滝という二つの滝があります。
我々は時間の関係で滝は見ませんでした。
以前見たからいいか〜〜〜

 ▲
木曽路・馬籠峠

頂上の峠の茶屋の前に立つ馬籠峠の碑。
正岡子規の‘白雲や 青葉若葉の 三十里’の句。
ここ馬籠峠、現在は海抜801mですが昭和になって10mくらい
削られたそうでほんとは810mくらいあったんじゃそうな。
峠の茶屋で一休み。 御幣餅3本600円、御幣だんご2本550円、
 峠の力餅4個550円也。。。


 

 藤村藤村記念館


馬籠宿の真中にある藤村記念館の黒い冠木門をくぐると、正面の白壁
に藤村の言葉を記した朱塗りの扁額がかかっています。

 
 
 ▲
馬籠宿・・・・周辺

妻籠宿に比べるとやや庶民的に感じるのは私だけでしょうか。
妻籠宿では店先でお団子などを売っている店はほとんどありませんでしたが、
こちらはあちらこちらで売られています。
馬籠と妻籠どちらが好みかは個人差があると思います

 
 
  ▲
妻籠宿・嵯峨屋と其の付近


下嵯峨屋は、妻籠の宿場中程にある小さな御宿です。
四季折々の山々や川に囲まれて山菜田舎料理を里帰り気分で味わえる御宿でした。
また、当初、長屋であったものの1戸を昭和43年に解体復元しました。
妻籠宿における庶民の住居を代表する片土間に
並列2間取の形式をよくとどめています。

2008-06-29

   
 
中山道・新茶屋の一里塚

馬籠から次の宿場落合に向かう途中の新茶屋地区へ。
島崎藤村の書による‘是より北 木曽路’の碑や、
一里塚、信濃美濃の国境いの碑、
古い石畳などが残ってます。


▲ 
寝覚の床

寝覚の床は、巨大な花崗岩が木曽川の激流に刻まれてできた自然の彫刻です。
その壮大さは列車の車窓からも一望できます。
古くは中山道を訪れた文人・歌人などの記録に残り、今では国の名勝史跡天然記念物として伝えられてきました。
 現在の寝覚の床の姿は、水力発電のために木曽川の水位が下がったためにあらわれたものです。
巨大な花崗岩の白と、川面のエメラルドグリーンが絶妙な色彩を醸し出しています。
中央の大きな花崗岩の上には、浦島太郎が弁財天像を残したといわれている浦島堂が建ち、徒歩で辿ることができます。
 

 ▲
木曽義仲館

この地で育ち、平家追討の旗挙げをした木曽義仲の資料館です。
古文書、絵巻、上洛地図他、武者人形など、義仲に関する資料が展示してあります。
付近には徳音寺(徒歩すぐ)や巴淵(徒歩10分)などがあり、義仲の史跡をめぐるハイキングが楽しめます。

 
 
 
 ▲
塩尻・奈良井宿

難所の鳥居峠をひかえて「奈良井千軒」といわれ、木曽十一宿中最も賑わった宿場です。
町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、往時の面影を色濃く残しています。
また奈良井宿は中山道67宿中、江戸側の板橋宿から数えて34番目、
京側の守山宿から数えても34番目であり中山道のどまん中の宿場町であります


 塩尻
贄川関所跡にえかわせきしょ

  • 古代
    • 古代には「関」と呼ばれた。
    • 646(大化2)年(飛鳥時代)に関塞(せきそこ)の法が定められ、律令制のもとで関の制度が確立した。
    • 重大事件が起こったとき、通行を遮断する固関(こげん)が行われるなど軍事的な機能を持っていた。
  • 中世
    • ほとんどが財源確保のため通行税を徴収するのが目的になった。
    • 過剰な設置が商品の流通の妨げになったため、しばしば一揆の攻撃目標になった。
    • 戦国時代の大名は自国の経済発展のため関所を廃止する政策をとる。
    • 織田信長は一部の関所を廃止、続く豊臣秀吉は全国的に関所を廃止、交通、商品流通が発展した。

 
打ち上げ夕食は何処か忘れました、多分塩尻〜〜〜〜???
2日目は雨に出会ったがドライブ最高の観光旅行でした。



mail
ご来場の皆さん方メッセ-ジを頂けると有りがたいです。

 TOP